草加デリヘルテレビディレクター

「自分を見分けられないというのは」と、彼は長い熟考の末に言った。草加祭りの期間は「特別なことではないと思います。それでも私がここで話したいのは、あなたの説明にあった嫌悪感についてです。草加ではあるがいや‐もう一歩踏み込んでみましょうか自分の外見について今はどう感じていますか?」質問をじっくりと考え、それがまったくもう問題になっていないことに気がついて、少なからず驚いた。ひどく不快に思われた顔も身体も、今は気持ちよく馴染んでいる。それらは自分のもので、それらが自分なのだ。「手を怪我した時のようなものなんじゃないかしら。初めは絶えず意識していたの。何をするのにも動きを止めて、どうするかを考えなくてはならなかった。何もかもが不慣れで、ぎこちなくて。草加?などとでも今はほとんど考えもしないわ。いや~デリヘル 草加とこういうものなんだって感じで」と肩をすくめた。「風俗店長……」フリードマンは相手の心にまで染みるようなあの笑みを浮かべた。「現実を受け入れ、あるがままの自分を見るようになっただけなんじゃないですか。あなたが描写した反応は控えめに言っても極端です。まるで傷つけられ、醜くされたかのようで。拒食症の患者を思い出しますよ。歩く骸骨が鏡を覗き込むと、太った人間が見えるというやつです」風俗店長は笑いだした。「まさか私が痩せっぽちだと言うんじゃないでしょうね!」「いやいや」と落ち着き払って答えて、「でも努力しているように見受けられます。それに深刻な体重の問題を抱えていると言いながらも、あなたはそれを笑い飛ばすことができる」彼は両手をお気に入りの場所に持ってくると、恰幅のいい腹の上で組んだ。「以前、素晴らしい美人として評判のデリヘル女性にお会いしたことがあります。その時には七○代になっていましたが、それでもまだある種の名状しがたいー他にいい言葉が見当たらないので、『魅力』としておきましょうか、がありました。

最近の投稿
最近のコメント